代表あいさつ

Greeting
-----------------------------------------------------

保護ネコ施設CATS WELCARE代表の川越里佳と申します。

子どもの時から動物や植物など命のあるものが大好きで、小児科医として働く傍ら、動物保護施設のボランティアやTNRのお手伝いなどを経験してきました。

TNRとは、不幸な境遇の野良ねこを減らし殺処分をゼロにするため、捕獲したネコに避妊去勢手術をし、元いたテリトリーに戻してお世話をする活動のことです。リターンするネコの中には、人を信じてついてくる子ネコなど、厳しい環境に戻すのが忍びない子がたくさんいました。こういうネコたちを保護して幸せにしたいと2019年に保護猫施設CATS WELCAREを設立しました。

日々外敵におびえ、気候変化に耐え、ゴミを漁って飢えをしのぐ。そんな厳しい暮らしを強いられているネコたちを保護し、安全で快適な環境を与えること。それだけで十分助けになる、当初はそんな気持ちでした。けれど実際保護施設を運営することはそんなに簡単ではありませんでした。

ネコたちは人と同じ、1匹1匹性格が違います。甘えん坊の子、怖がりの子、おとなしい子、やんちゃな子。人が苦手な子、ねこが苦手な子。保護して1匹1匹を個として知ると、みんなが幸せに暮らせるためには1匹1匹と全体をよく見て、つねにベストな環境を整えてあげる必要があります。また、多頭飼育環境では、いろいろな病気が流行るので体調管理にも神経をとがらせる必要があります。1匹1匹をしあわせにしたい。その気持ちが強くなるほど、多くの資金と労力が必要であることがわかりました。

それでも私たちは1匹でも多くの子を保護して幸せにしたい。ネコを飼いたいと思っておられる方々に、CATS WELCAREのネコたちを知っていただき、温かいご家庭に迎えていただきたい。そして、ネコと触れ合う機会を多くの方々に提供することで、ヒトにも幸せになっていただきたい。

「ねこのしあわせのために。ひとのしあわせのために。」

ヒトのせいで不幸な境遇に追いやられるネコをなくし、ヒトとネコが共存してお互いに幸せを与えあえる、そんな社会の実現に向けて、私たちは地道に活動を続けたいと思います。私たちの理念を形にするには、多くの方々のご理解が必要です。私たちの存在が、一人でも多くの方に人間社会の繁栄の陰で不幸な境遇に追いやられている動物たちに関心をもっていただく機会になればうれしいです。