TNR

Trap - Neuter - Release
-----------------------------------------------------

殺処分を無くすためには、保護よりもまずTNR活動が不可欠です。TNRはネコを愛しすべてのネコのしあわせを願う人たちが考え出した妥協策です。

野良ネコを減らし、殺処分を無くすためにはT=Trap(捕獲)し、N=Neuter(不妊手術)をし、R=Release(元居た場所に戻してお世話をする)活動が必要なのです。不妊手術をすることで子ネコが生まれなくなり、ネコの数は急速に減少します。この効果は多くの地域で実証済みです。

よく言われる例えですが、水道の蛇口を閉めないことには、下流でいくら水汲みをしても追いつきません。 この世に生を受けるネコすべてをそのまま、今暮らしている場所で安心して天寿を全うさせてあげることは今の世の中では難しい。 かといってすべてのネコを保護することもできない。特に、人のことを恐れているネコを人の管理下で生活させる(=保護)ことはその子にとって苦痛でしかない。こういう子たちは今生きている環境で生きるしかないのです。けれどそのままだと野良ネコはどんどん増えてしまいます。 このため考え出されたのがTNRという活動です。

CATS WELCAREのTNR活動は一般の方からの依頼を支援する形で実施しています。

ネコの保護依頼に際しては、保護と同時に周囲のネコのTNRに協力していただくことで、不幸なネコが増えないための対策にご協力いただきます。

餌をあげる人がいるのでネコが増えて困っているという苦情にはTNRがネコを減らす活動であることを説明し、餌をあげる方の協力が必要なことをご理解いただきます。TNRでは捕獲が一番難しく、餌をあげている方の助力無くしては成功しません。

TNRの依頼には、捕獲するには毎日決まった時間に餌を食べに来るように仕向ける必要があることをご説明し、ご自身でしばらく餌やりをしていただくか、餌をあげている人を探していただきます。

地域社会に地域ネコの存在をご理解いただくためには、お世話をされている方に餌やりのマナーを守っていただくこと、TNR活動について知っていただくことが重要です。 実際にスタッフが、野良ネコに餌をあげている方に遭遇することがあります。 この時はネコがさくら耳(手術済である印として耳の先端をV字に切ること)でなければ、TNR活動についてご説明します。

多くの方は、周囲からの苦情を恐れ早朝や夜中にこっそりと餌をあげています。このため捕獲はネコたちが餌をもらいに出てくる時間=早朝や夜中に行います。 野良ネコは警戒心が強く、慣れないものが置いてあると寄ってきません。まずは下見に行って捕獲場所を決め、数日前から捕獲器を扉が閉じないように設置してその中で餌をあげて慣らしてもらったり、おなかをすかせておくため前日は餌をあげないようにしたりします。ほかにも餌をあげている人がいるとおなかが満たされていて捕まらないので、その点もあらかじめチェックが必要です。

捕獲後はいったん連れ帰って朝までネコの状態を観察し、病院があいたら受診、手術翌日に再度病院まで引き取りに行って状態観察、落ち着いている子は当日、問題のある子はしばらく手元でお世話をしてから元いた場所にリターンします。

TNRで一番大切なのは全頭を手術しないとまたネコが増えてしまうということです。できるだけ一気に捕獲、手術したいところですが、捕獲当日に姿を現さない子、賢くて捕獲器に入らない子、他の子が捕まったのを見て近づかなくなる子、など様々で、全頭TNRするためには何日も現地に通い、何時間もがまん強く待つ必要があります。ネコたちとの知恵比べ、忍耐勝負です。

TNRを依頼してくる方の中には、そこまでやらなくてもとお考えの方も多いですが、1匹の母ネコから数年後には何百匹もの子孫が増えるといわれています。何の罪もないのにTNRされるネコは本当に気の毒だと私たちも思っています。けれど、人の社会が野良ネコを不要なものとして殺処分する社会である限り、殺される不幸なネコを無くすためには現時点ではこれしか方法がありません。

生まれてきては不幸になるネコを減らし、今いるネコたちを一匹でも多く幸せにする、その目標のために私たちは頑張っています。 どうぞみなさまご理解をいただき、私たちの活動をご支援いただければ幸いです。 よろしくお願いいたします。